プロフィール

空~どうかな

Author:空~どうかな
閲覧ありがとうございます。
2013年11月から2014年4月まで、太陽光発電パネル設置の成り行きを進行形で書き綴ってきましたが、おかげさまで東芝製パネル250W×72枚(18.0kW)を載せることができました(導入検討中の方は参考にしてください)。
今後は発電量の報告と太陽光関連の記事を書く予定です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


筆者へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:住宅用・産業用
住宅用と産業用の境界となる 「10kW」。

どのくらいの面積のパネルを設置するとその出力
になるのか、ちょっと調べてみました。

変換効率とか最大出力とかの違いによって
随分結果に差が出ますが、ここでは
「 まあまあの性能かな 」というSHARPさんの
パネルを例に考えてみたいと思います。

○パネルの大きさ(モジュールと言う)約1.3×1.0m
○変換効率 15.1%
○最大出力 200w として

10kW ÷ 200W(0.2kW) = 50 枚

50枚 × 1.3×1.0m = 65 m2 ということになりますね。

東芝さんやPanaさんなどの出している
さらに効率の良いパネルを使用すれば、
必要となる面積はさらに小さくてすむわけです。

ちなみに我が家の屋根形状は変形の切り妻で、
長さが 15m 以上ありますから、ひょっとすると
片面だけで 10kW をクリアーするかもしれません。

こう考えると屋根の形状って結構重要ですね。
(向きも重要だと思いますが・・・)




それから、おもしろいこともいくつか発見しまして
1つは、「住宅用・産業用」という言葉は
「わかりやすいイメージ」 でつけられていて、
個人の住宅でも10kWを超えれば 「産業用」。
法人の設置でも10kWを下回れば 「住宅用」
となります。

手続き的にはやはり産業用の方が煩雑になる
ようです。
しかしそれも50kW以下であればそれほどでも
ないみたいです。
(逆を言うと50kW以上は非常に煩雑。)

2つめは10kW以上の産業用も「余剰電力を売電」
という形にできるようです。
ただしその場合は途中で 「やっぱり全量売電」
という変更はできないとのこと。
でもその逆はありのようですよ。

まぁ買い取り価格が37.8円の今なら全量買取
の方が圧倒的に有利だと思いますが・・・

未確認ですが、いざというときには
パワーコンディショナーに非常用電源として
コンセントも用意されているようですし。


長くなったのでこのへんで。


スポンサーサイト

テーマ : 住まい - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:住宅用・産業用
太陽光発電について詳しく勉強しようと思って
ページを見ていてもあまり気がつかないのですが、
いざ見積の申込みをしようとすると気になって
しかたのないボタンがあります。

「 産業用の申込みの方はこちら・・・ 」

発電量10kwを境界値にして 「住宅用」 と 「産業用」
があるのは知っていましたが 「 申込みまで別とは 」
というのが正直な感想です。

私のように個人住宅でも田舎のちょっと条件の
よい物件ならばどちらでもOK!というお宅は
多いはず。

私は導入時の補助金よりも、どうせ全部借り入れでの
設置を目指しているのだから、全量買い取りで、
20年金額保証の産業用、と考えていますが、
補助金を無視するのはちょっと残念な気も
しています。



↑↑↑ ちなみにこちらが「タイナビ」さんの
「法人・産業用」 の申込バナー



↑↑↑こちらは「タイナビ」さんの「住宅用」の申込バナー
(同じ大きさのものを見つけられませんでした)

ところで見積の入り口から異なる住宅用と産業用
ですが、いただいた見積業者さんの話では
「 施工業者 」 が異なるようで、産業用から
入って見積りを取り、やっぱり住宅用にしよう、
という場合は再度住宅用から見積の申込を
することになるようです。

う~~~ん。

なんだかいかにも業者さん都合のお話で、
消費者としてはあまりおもしろくない話ですねぇ。

何とかならないでしょうか。

申請内容とか、使用材料とか、値引率なんかが
違うんでしょうかね。

これは追々調べてみる価値があると思います。
どなたか理由をご存知の方がいらしたら教えて
いただけると非常に嬉しいです。

ですからこれから見積の申込を考えていらっしゃる
方は 「住宅用」 か 「産業用」 かは決めておいた
ほうがよいと思いますよ。

そうか、10kwの発電のためにはどのくらいの面積
のパネルを載せる必要があるのかの目安があれば
わかりやすいですね。

こちらは調べればわかりそうなので次回にでも。



↑↑↑こちらは価格comさんのバナーです。
価格comさんは住宅用中心の展開なんでしょうか、
ページの中では産業用の申込はあまり目立たない
感じに書かれています。
(やっぱり分かれてはいるのですけどね)

テーマ : 住まい - ジャンル : ライフ


copyright © 2017 太陽光発電を我家の屋根に!? all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。