プロフィール

空~どうかな

Author:空~どうかな
閲覧ありがとうございます。
2013年11月から2014年4月まで、太陽光発電パネル設置の成り行きを進行形で書き綴ってきましたが、おかげさまで東芝製パネル250W×72枚(18.0kW)を載せることができました(導入検討中の方は参考にしてください)。
今後は発電量の報告と太陽光関連の記事を書く予定です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


筆者へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:融資
先日、会社の若い同僚から

「家を新築するんですが太陽光発電は住宅ローンと
別融資になるんですか?」

という質問を受けました。

まぁ、答えから言ってしまうと 「 NO 」 で、同一枠
で融資を受けられるから心理的に借りやすいのでは
ないでしょうか(長いローンを組めるという点で)。

パネルは建物と一体化してしまうので、住宅とセット
で考えるのはすごく当然のことだと思います。

ただし私の融資の場合がそうだったのですが、

「 太陽光発電のパネルを取り付けるからと言って
融資の上限があがるわけではない 」

ということには注意する必要があると思います。

つまり、銀行などが借り入れ主の返済能力を考える
際に、売電による収入の増加は考慮されない、
ということですね。

我が家の場合は18.00kW、年間70万円ほどの収入
増加を見込んでおり、しかも入金・返済専用の口座
を作ることまでしても、売電収入を返済能力上昇の
要因として考えることはなかったです。

住宅新築時にパネルを載せると言うことは、
住宅そのものにかけられる金額がパネル分少なく
なる訳で、自己資金が少ない場合には結構苦しく
なってくるのではないでしょうか。

もちろん返済は格段にラクになるとは思いますが。

個人的には新築時のパネルはオススメだと思って
います。電気代の節約になるし、返済の手助けにも
なります。

あくまでも「無理のない範囲で」で、どうでしょうか



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。
スポンサーサイト

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:融資
ここのところ融資ネタが続きます。全額キャッシュで、
という方にはあまり興味が沸かないかもしれませんが

「 全額融資で導入 」

をもくろんでいる私にとってはかなりの重要事項です
のでしばしおつきあいを。

さて、先日通過した700万円のローンの仮審査には
東芝製・18.00kWの資料を提出してOKをいただき
ました。これが私の第一希望ですから望みどおりに
なった、ということです。

今日は、このシステムではなく、メーカーは異なる
けれど出力がほぼ同じで、値段も安い(融資額を減額
できる)システムに変更することは可能か?
を銀行さんに問い合わせてみました。
(実際のところ第2候補のパナさんのシステムの可能
性もまだ残っていますので。)

答えは 「 NO 」

太陽光発電への融資では 「年間予想発電量」 も重要
な勘案ポイントとなっているため、再度資料の提出
(再申請)が必要になる、とのことでした。

当然といえば当然ですよね。
私が銀行さんの立場だったらそうすると思います。

次に確認したのは 「 金利 」 についてです。

これについてはすでに計算されていて、「固定10年」で

「 1.5% 」

になるとのことでした。
最近都心部で住宅ローンの借り換えをした友人は
1%を下回った、と言っていたのでそれと比べると
微妙な数字ですが、企業間競争の少ない、地方に住ん
でいる私にとっては 「御(おん)の字」 かなと思います。

返済を次の条件でシミュレートすると

借入金額 : 700万円
返済期間 : 10年
返済方法 : 元利均等
返済タイプ : 固定
金利 : 1.5%
ボーナス払 : 加算なし

→ 毎月返済分 ¥62,854- / 総支払額 : ¥7,542,412-

となります。
売電額1年分を丸々利子として支払う感じですね。

毎月の支払額もちょうど年間売電予想額の1/12程度
ですし、期間も11年ではなく10年で完済できそうです。

金利が想像していた率よりも低いということが、諸々を
良い方向に向かわせてくれていると思います。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:融資
昨日夕方6:30過ぎにローン仮審査の結果連絡がきま
した。予定よりも随分早く、しかも申込から2日後の
回答という超早業となりました。

結果は、条件付ながら 「 通過 」 。

ひとまず ホッ としました。

条件というのは融資金額についてで、申込をした
700万円が最高融資額とのことでした。

つまり中電への支払いが増えたりした場合は、700万
円を超える分について自己資金で支払わなければ
ならないということです。

ローンの仮審査というものは人生2回目ですが、前回
の住宅購入の時のことなど詳しく覚えているはずも
なく(10年以上も前の話なので・・・)、通ったことは
ありがたいのですが、少しくらいなら条件設定を
変えることができるのかとか、本審査はいつ頃提出
するのかなど、今になってわからないことが山ほど
あることに気がつきました。

休み明けにでも確認してみたいと思います。

それと担当の方が若い方で、何が必要なのか、何に
注意しなければいけないのか、などよくわからない
ままに説明も中途半端に書類を作成していた様子
でしたので若干の不安が残ります。

こちらが素人な分、対応していただく方はベテラン
の方が良かったのかもしれません。

とはいえ、2日間で結果が出たということは担当の
方ががんばってくれた、ということだと思います。

+(プラス) 「 太陽光発電の融資は通りやすい 」

という噂は本当だった!! ということではないで
しょうか。でなければ、行内を書類がポンポンと
まわり、サラッと審査を通過することはできない
と思われます。

融資金額は大きいですが、返済金額を売電予想
金額以下に抑え、ほぼ太陽光発電専用といえる
通帳を用意したことも審査には好材料だったのかも
しれません。

さあ、これで次は施工業者さんとの契約に進めます。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:融資
本日銀行にて太陽光発電導入のための 「 ローン
仮審査 」 の申込をしてきました。

いつもの担当の方が体調不良によりお休みという
ことで、急遽別の方の対応となり最初から説明し直す
ことになり、ちょっと「イラッ」としましたが1時間程
で無事申込は完了しました。

必要な書類等は12/28の記事を参考にしてください。

驚いたのは、申込には 出力18.00kW・東芝製 の見積書
を根拠に 「 700万円 」 という金額を書いたのですが、
なんと自己資金の欄にはなんの数字も書かずに提出
できてしまいました。

担当の方と相談しながら書類に必要事項を記入して
いったので、見落としということはないはずです。

まだ審査に通過しない可能性はあるものの、本当に
自己資金なしで太陽光発電を導入することができる
かもしれないということにワクワクしてしまいました。

毎月の返済金額を予想売電金額の月平均額より
少し低く抑えることで無理のない計画としたのが
良かったのかもしれません。
(その代わりに支払期間は11年となりました。)

その他、今回の申込で気づいた点としては

○ 利率についてはわりと適当
→ (本審査できちんと計算するのかな?)
○ 抵当設定があるため団体信用生命保険への
加入が必要となる
○ 仮審査を通過すれば本審査もまず大丈夫
→ 離職・転職等収入に大きく影響する事象が
ある場合に本審査で落ちることがある

ということです。

審査の基準は様々な項目があるとのことでしたが、
ローンですので 「支払額は収入の1/3まで」 の
大前提があるようです。

しかし、 「売電により収入が増える」 という点に
ついてはあまり考慮されていない様子でした。
ちょっと気になります。

とはいえ落とすことを目的とした審査ではないので
対応してくれた行員さんも終始「大丈夫ですよ」的な
雰囲気でした(いつもそうなのかもしれませんが・・・)

審査結果は1/15(火)までに連絡をもらえるとのこと
で、また一つステップを進んだ気がします。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:融資
まだ新しい見積書も届いていないのに地元の銀行さん
に太陽光発電設置のための融資の 「 仮審査 」 の
申込予約(銀行にうかがう日の決定)をしました。

(本日夕方に見積書を受取る予定となりましたので)

実はこの夏に住宅ローンの借り換えを行いまして
(以前にも書いたかな?) 担当の方がわかっていた
ので電話での申し込みもまったく緊張しませんでした。

なんだか今年は銀行さんに行くことが多いです。

さて、私の場合は 「 全額融資 」 での設置を目指して
いますから、まずは審査が通らなくてはお話になり
ません。

今のところ設置案としては
① 12kW → 450~500万
② 18kW → 700万?
の2通りを考えておりまして、とりあえず金額の大きい
方で仮審査を出してみようかと思います。

担当さんの話では、
① の 500万円以下のケースでは 「 リフォームローン 」
を利用することができて 「 担保設定なしでOK 」
② の 500万円を超えるケースでは通常の住宅ローンを
利用することになり 「 担保設定が必要 」 となります
とのこと。

つまり②の場合は 「 土地や住宅に抵当権の設定が
必要 」 となるわけですね。
(別途登記費用が必要になるわけです(涙))

住宅ローンもまだ1/3しか返済していないのにそんな
ことができるのかしら?と一抹の不安を覚えながらも
担当さんのアドバイスもあり 「 じゃあ700万の方で 」
となった次第です。

実際には今日もらう予定の見積書を見てどちらにする
のが良いか検討してから決めたいと思いますが。

参考までに仮審査の申込に必要な書類は次のとおりです。
・ 見積書等 (設置にかかる費用等の資料)
・ 免許証
・ 保険証
・ 源泉徴収票
・ 銀行の通帳 + 印鑑

銀行さんとしては、金額の根拠、施工業者、本人確認、
勤務先確認、継続的な収入の有無の確認、銀行との
取引の有無の確認、 をしますよ、ということでしょうか。

私の場合は、住宅ローンを組んでいるうえに給与振り
込みがあり、勤務先も同行さんをメインバンクとして
いますので、気持ちよいくらいにすべてバレバレです。

通帳と印鑑があれば十分なのではないでしょうか(笑)

そうそう、なぜ 「 仮審査 」 なのかというと、
「 融資は審査結果決定後1ヶ月間しか有効期限がない 」
ためです。
また融資には現物の設置完了が条件となるため、
パネル設置に時間はかからないとはいえ、ちょっと
1ヶ月では無理かなということからまずは仮審査と
なりました。

申込予定日は 来年1/8(水)。

まだまだ先ですね。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 太陽光発電に関するブログが集まっています。
自宅での発電量を公開してくれている方も多いですよ。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ


copyright © 2017 太陽光発電を我家の屋根に!? all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。