プロフィール

空~どうかな

Author:空~どうかな
閲覧ありがとうございます。
2013年11月から2014年4月まで、太陽光発電パネル設置の成り行きを進行形で書き綴ってきましたが、おかげさまで東芝製パネル250W×72枚(18.0kW)を載せることができました(導入検討中の方は参考にしてください)。
今後は発電量の報告と太陽光関連の記事を書く予定です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


筆者へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:買い取り価格
今回は「買取価格_第3弾」みたいな内容になると思います。

来年度(H26年度)の太陽光発電買取価格が30円を前提に
諸々の話が進んでいる,ということを昨日追記にて書かせて
いただきました。

ではこの価格が現実のものとなるとどうなるか。

・・・太陽光発電を導入する方が減るでしょうね。

   メリットが減りますから。

住宅用は元々発電した電力を現在の利用分に優先的に
割りあてその余剰分を売電する仕組みで、「自分で使う
分は自分で作る」的な意味合いが大きいと思うのですが、
産業用については発電した全量を売電に回しているので
38円→30円の2割安の単価はもろに収入に響いてきます。
(産業用の買取価格が30円なのかは確認をとっていませんが・・・)

いずれにしてもパネル等の設備価格が現在よりも2割安に
ならなければ初期投資の回収期間が長くなり、回収後の
利益となる部分もその増加率は現在の設定よりも2割低く
なるわけです。

資材の寿命が20年くらいと考えると、利益を生み出す期間
というのは短くなるなぁ、というのが素直な感想です。

とはいえ設備費さえ抑えることができるなら、パネルが
自動的に発電しお金を生んで、ゆくゆくは利益を生むわけ
ですから、導入して損をするような事業ではなさそうです。

「俺はエコな電気を作っているぜ」 とか、 「環境に優しい
活動をしているわ」 といって悦に入るのも悪くないのでは
ないでしょうか。


ちなみに私は電気利用単価と買取価格を比較し、やるなら
全量買い取りの産業用で!!と決めたクチです。
ですから何としても今年度中に申請までもっていきたいと
考えています。
スポンサーサイト

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

tag : 太陽光発電 買取価格

DATE: CATEGORY:買い取り価格
昨日の記事がなんだか尻切れトンボになってしまった
ので今日はちゃんとまとめを書こうと思います。

なぜ買取価格が重要なのかということについて。

(申し訳ありませんが「 環境活動のため 」と真剣に
考えている方は今回はパスしていただいた方が
良いかと思います。)

私たちが太陽光発電に興味を持ち、屋根に載せようと
考えるのかといえば、

「 経済的にメリットがあるから 」

だと言えます。だから何百万という安くはない初期
投資をしてまで設置しようとするのです。

この機材設置のために最初にかかる費用を帳消しに
してくれるのが発電した余剰電力の売電。つまり
売電の価格(=買取価格)は自分の利益に直結するの
です。

2012年度 には 42円/kWh だった買取単価も、
2013年度 には 38円/kWh(住宅用) と引き下げ
られました。
これはパネルの発電性能の上昇・資材価格の下落に
より太陽光発電のコストが下がったことが理由と
されています。

この流れは変わっていませんから、
来年度もきっと買取価格は下がるのだと思います。

この買取価格によって初期投資の回収期間が変動
するため、投資として考える場合買取価格が非常
に重要となるわけです。

住宅用(発電量10kW未満)の場合は買取価格
保証期間が10年ですから、回収期間が10年を超える
場合は未確定な不安定要素となります。

それを知ってか資源エネルギー庁もなかなか来年度の
買取価格を公表しませんね(まだ決まってないのかな)。
ここでガクンと落ちればせっかくのソーラー人気も
(ソーラーバブルとも言う?)下火になってしまう
可能性がありますもんね。

現在の買取価格はH26.3.31までですので、この価格を
希望する方は早めの行動が必要になるかと思います。
(私も待っている見積は2週間もかかると言われました)
同じ心理の駆け込み需要もあり、業者さんもかなり
忙しいようです。

私は下記の一括見積2社に申込をしましたが、忙しい
のか、良心的なのか、申込元締会社2社と紹介された
地元の会社1社からしか連絡はありませんでしたよ。
熱烈営業を想像していたので拍子抜けしたくらいです。

【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!




太陽光発電 最安値は価格.com
太陽光発電一括見積もり。保険加入の施工販売店を厳選紹介!




昨日に続きなんだかまとまりのない文章で申し訳あり
ませんです。

続きを読む »

テーマ : 住まい - ジャンル : ライフ

tag : 太陽光発電 一括見積 買取価格

DATE: CATEGORY:買い取り価格
自分が太陽光発電に興味を持つようになったからか、
最近やけにパネルを目にするが増えたように感じます。

屋根にのっているものはもちろん、地上に設置する
タイプ(「野立て」と言うみたいです)も結構見ます。
それもそんなに大きな規模でないものを。
(野立ては架台が必要になる分設置単価が高いんです。)

これはつまりどういうことかというと、

「 金銭的に余裕のある方が投資の1種として太陽光
発電を設置している 」

ということなのだと思います。

早い話、「 太陽光発電は儲かる 」 ということですね。

かくいう私も最初の投稿で書いているとおり、投資と
思って検討しています。ただ私の場合は全額借り
入れてまかなおうと考えているので、10年くらいは
リスクだけを背負い、それが済んだら(子供達にお金
がかかるMAXの時期に)いくらか入ってきてくれる
だろう、くらいに考えてやっていますが・・・・。

儲かるだろうと考えられている理由は2つ。
1つ目は、 買取価格が高く長期間保証されること
2つ目は、 設置価格が安くなっていること

経済産業省資源エネルギー庁が国策として再生可能
エネルギーの普及を目的として高い買取価格を設定
保証しています。
http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/kaitori/kakaku.html

そして今の買取価格と設備投資額の関係では
だいたい10年くらいで元がとれ、その後はまるまる
収入になる計算です。

価格.comさんのページに実績が豊富に掲載されています
太陽光発電 最安値は価格.com

しかし現在の買取価格が続くのは来年(H26)3.31まで。
設備価格の低下に歩調を合わせ、買取価格も
下がる予定です。

現在の価格は、前年から1割下がった金額に設定
されています。来年は今より下がると言われています
から、設置するなら今の方がいいのは当たり前として
実際のところいくらくらいになるのでしょうか?

テーマ : 住まい - ジャンル : ライフ

tag : 太陽光発電 買取価格


copyright © 2017 太陽光発電を我家の屋根に!? all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。