プロフィール

空~どうかな

Author:空~どうかな
閲覧ありがとうございます。
2013年11月から2014年4月まで、太陽光発電パネル設置の成り行きを進行形で書き綴ってきましたが、おかげさまで東芝製パネル250W×72枚(18.0kW)を載せることができました(導入検討中の方は参考にしてください)。
今後は発電量の報告と太陽光関連の記事を書く予定です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


筆者へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:本格見積
今回は予定どおり 12kW・パナソニック の見積添付
資料を公開いたします。

前回より資料数が増えていましたが、項目的には大差
はありませんでした。

枚数が多いのでデータ量調整で資料を小さくしました。
細かな文字はフルスケールでも読みづらい箇所があり
ますが何となくわかると思います^^;。

全8枚となりますがみて楽しいのはやはり1枚目では
ないでしょうか。
2~6枚目は設備詳細、7・8枚目は恒例のメーカー小売り
希望価格の見積書となっています。

↓ 1枚目
12kW_パナ資料_001
↓ 2枚目
12kW_パナ資料_002
↓ 3枚目
12kW_パナ資料_003
↓ 4枚目
12kW_パナ資料_004
↓ 5枚目
12kW_パナ資料_005
↓ 6枚目
12kW_パナ資料_006
↓ 7枚目
12kW_パナ資料_007
↓ 8枚目
12kW_パナ資料_008

よく見ると各所に 「積雪仕様」 ときっちり書いてあり
ますね。それが架台の金額が伸してしまう原因です。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

次回は12kWの東芝さんの添付資料について紹介
したいと思います。

【タイナビ】太陽光発電一括見積りナビゲーション



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 太陽光発電に関するブログが集まっています。
自宅での発電量を公開してくれている方も多いです。
スポンサーサイト

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:未分類
昨日の約束どおり本日は出力12kWバージョンの見積
明細書を公開いたします。

12kWですから分類としては 「産業用」、全量買取を
想定してのシステムですが、使用している機材は一般
的な 「住宅用」 のものですので単価等参考になるかと
思います(今回は見積書の取り込み画像を貼ります)。

まずはパナソニック版です。

12kW明細_パナ

続いて 東芝版 です。

12kW明細_東芝

両社とも ぴったり12kW で作っていただいているので
とても比較しやすいものとなりました。

パネル単価はやはり東芝はちょっとお高いですね。
しかしその分効率が良いので長い目で見るとお得
とのこと(経年による性能低下が考慮されているか
は不明ですが・・・)。

またパナさんの架台が高いのは積雪対応になっている
から、とのこと。同じ市内では積雪量の多寡は考慮せず
一律に扱うようです。これはちょっと残念。

また発電量を確認できるモニターシステムは専用
モニターではなく無線LANを利用してスマホ・PC・
タブレット等で確認できるタイプを希望しました。
(パナさんは専用モニタータイプのままでした)

定価ベースでは専用モニターの方が高いのですが、
実売上はかなり価格が下がるため、LANタイプの方が
高上がりになってしまうとのことでした。

設置工事と電気工事の価格はどちらも同じとなって
います。メーカーの違いによる特殊な作業はないと
いうことだと思います。

参考になりましたでしょうか?

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

次回は12kWのパナさんの添付資料について紹介
したいと思います。

【タイナビ】太陽光発電一括見積りナビゲーション


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 太陽光発電に関するブログが集まっています。
自宅での発電量を公開してくれている方も多いですよ。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:本格見積
首を長くして待っていた見積が出てきました。

設備内容はお願いしたとおり、金額もほぼ予想して
いたとおりでしたので、特別な驚きというものは
ありませんでしたが、だんだんと自分が思い描いて
いた形に近づいてくるとやっぱり嬉しくなってきます。

さて今回の見積は前回の10kWからの変更で、
パワーコンディショナーの性能を活かしきれる
「 12kW 」 のタイプと、それでもなお空いている
東面の屋根にもパネルを載せた 「 18kW 」 の2種類
をお願いしていました。

メーカーは自然災害保証の有無の関係から、(私の
気持ちの中では)ほぼパナソニック(以下「パナ」と略し
ます)で決まり、と考えていたのですが、業者さんの
お薦めということで東芝さんも作っていただきました。

書類がけっこうな量になりますので、冬休みの期間に
ゆっくり紹介できればいいな、と思います。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

やっぱり気になるのは工事金額だと思います。

最初に各バージョンの工事金額をまとめます。

[ 12kW ]

パナ (税込) ¥4,368,000 (¥364,000/kW)
東芝 (税込) ¥4,557,000 (¥379,750/kW)

[ 18kW ]

パナ (税込) ¥6,405,000 (¥360,640/kW)
東芝 (税込) ¥6,772,500 (¥376,250/kW)

注)消費税は5%・パナ18kWは17.76kW

いずれもkW当たり単価40万を大きく下回る金額で
見積もっていただきました。ありがたいことです。

住宅の屋根置きとしては規模が大きいので、
スケールメリットも出ているのでしょうか?

実際の支払い総金額は上記の施工業者さんへの
支払いの他、中部電力さんに 「売電用メーター」 と
状況により+α がかかります。
18kWの場合は融資手続き費用(登録料等)が別途
必要となります。

上記4タイプのうち最も早く初期費用を回収できる
のは 「 東芝 18kW 」 なのだそうです。

とはいえどのバージョンも10年程度で回収できる
計算でした。

そう考えると10年経過後を考え、できれば大きく
やりたいなぁ、と思います。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

次回は 12kW の明細を紹介したいと思います。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 太陽光発電に関するブログが集まっています。
自宅での発電量を公開してくれている方も多いですよ。

【タイナビ】太陽光発電一括見積りナビゲーション

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:融資
まだ新しい見積書も届いていないのに地元の銀行さん
に太陽光発電設置のための融資の 「 仮審査 」 の
申込予約(銀行にうかがう日の決定)をしました。

(本日夕方に見積書を受取る予定となりましたので)

実はこの夏に住宅ローンの借り換えを行いまして
(以前にも書いたかな?) 担当の方がわかっていた
ので電話での申し込みもまったく緊張しませんでした。

なんだか今年は銀行さんに行くことが多いです。

さて、私の場合は 「 全額融資 」 での設置を目指して
いますから、まずは審査が通らなくてはお話になり
ません。

今のところ設置案としては
① 12kW → 450~500万
② 18kW → 700万?
の2通りを考えておりまして、とりあえず金額の大きい
方で仮審査を出してみようかと思います。

担当さんの話では、
① の 500万円以下のケースでは 「 リフォームローン 」
を利用することができて 「 担保設定なしでOK 」
② の 500万円を超えるケースでは通常の住宅ローンを
利用することになり 「 担保設定が必要 」 となります
とのこと。

つまり②の場合は 「 土地や住宅に抵当権の設定が
必要 」 となるわけですね。
(別途登記費用が必要になるわけです(涙))

住宅ローンもまだ1/3しか返済していないのにそんな
ことができるのかしら?と一抹の不安を覚えながらも
担当さんのアドバイスもあり 「 じゃあ700万の方で 」
となった次第です。

実際には今日もらう予定の見積書を見てどちらにする
のが良いか検討してから決めたいと思いますが。

参考までに仮審査の申込に必要な書類は次のとおりです。
・ 見積書等 (設置にかかる費用等の資料)
・ 免許証
・ 保険証
・ 源泉徴収票
・ 銀行の通帳 + 印鑑

銀行さんとしては、金額の根拠、施工業者、本人確認、
勤務先確認、継続的な収入の有無の確認、銀行との
取引の有無の確認、 をしますよ、ということでしょうか。

私の場合は、住宅ローンを組んでいるうえに給与振り
込みがあり、勤務先も同行さんをメインバンクとして
いますので、気持ちよいくらいにすべてバレバレです。

通帳と印鑑があれば十分なのではないでしょうか(笑)

そうそう、なぜ 「 仮審査 」 なのかというと、
「 融資は審査結果決定後1ヶ月間しか有効期限がない 」
ためです。
また融資には現物の設置完了が条件となるため、
パネル設置に時間はかからないとはいえ、ちょっと
1ヶ月では無理かなということからまずは仮審査と
なりました。

申込予定日は 来年1/8(水)。

まだまだ先ですね。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 太陽光発電に関するブログが集まっています。
自宅での発電量を公開してくれている方も多いですよ。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:雑感
みなさんは、太陽光発電からの電気の買取費用が自分
達が支払っている電気料金に上乗せされていることを
知っていますか?

太陽光発電の調べ物をしていて経済産業省のホーム
ページではじめて知ったのですが、電気料金には
「 太陽光発電促進付加金 」
という名称で、使用電力に応じて電力会社ごとに決まった
単価をかけた金額が上乗せされています。

さらに上記に加えて 「再生可能エネルギー賦課金」
という風力・地熱といったその他の発電買取分も徴収
されています。

私を含め男の人はしげしげと眺めることが少ないと思わ
れますので、はずがしながら昨日我が家に届いた中電の
「電気ご使用量のお知らせ」をアップします。
(「電気使いすぎ」なんていうのはなしです(笑))

中電明細014

太陽光発電促進付加金単価は電力会社ごとに異なって
いまして、最も高いのが九州電力で 0.09% 、最も低いのが
北陸電力で 0.01% となっています。
通年の 「 晴れ率 」 によって太陽光発電の導入には温度差
があるのかなぁ、と思わせてくれる率でなかなか面白い
ですね。 ↓ 経産省エネ庁のホームページから抜粋です

賦課金_エネ庁HP

↓ 詳しくはこちらをご覧ください
経済産業省_資源エネルギー庁

上乗せ額は、今月の私の場合(2万円以上も払いますが)
で 1.7%弱 とそれほど大きくはありませんが、電力
会社全体ではものすごい額になるのではないでしょうか。

なんだ、自分で払っているんじゃん。

これまで 「パネルを載せるとお金をもらえる。国の
政策ってすごいなぁ 」 とバカヅラぶら下げて喜んで
いた自分が恥ずかしくなります。

この料金上乗せの事実を知って、ますます太陽光
発電を載せたくなってきました。

知らないうちに払うだけ払わせられているのは悔しい
ですものね。

次は自分がもらう番になりたいです。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 太陽光発電に関するブログがいっぱいです。

【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!
↑ 太陽光発電は年度内に載せるのがお得です。

↓ 前回分でも拍手をいただきました。感謝です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:本格見積
太陽光発電システムの 「適正な」 価格っていくら
なんでしょう?

太陽光発電システムはその性格上一件一件すべて
完全個別のオーダー制なので、一律に 「 kW単価いくら
が適正価格です 」 と言えないのは承知の上で
「 標準的な(?)相場 」 価格を考えてみたいと思います。

まずは今回の私の東芝の例を見ますと(ぴったり10kW
なので計算が簡単)、

「メーカー希望価格」 は設備のみ、税抜き ¥8,720,000
「施工業者見積価格」 は材工共、税抜き ¥3,760,000

です。仮に、上記に加え中部電力さんの工事費用が
20万かかったとすると実費で ¥3,960,000 / 10kW であり
kW当たり単価は 「 39.6万円 」 ということになります。

一般住宅の屋根に10kWというのは大きな方に分類される
と思いますので、いくらかのスケールメリットはあるかも
しれませんが(価格.comさんの事例などを参考にすると)
平均的な単価と言えるのではないでしょうか。

一方で太陽光発電システムへの平成25年度の国の
補助金は1kWあたり単価 51万円以下の場合1.5万円/kW
41万円以下の場合 2.0万円/kW となっており、政策的に
1kWあたり 41万円以下 になるよう誘導しています。

少し古い資料になりますが、今年の3月に今年度(平成
25年度)の買取価格を審議したときの表を2つ。

住宅用費用推移

非住宅用費用推移
(出典 : 資源エネルギー庁-調達価格算定委員会H25.3.11)

上の表は平成24年の住宅用システムの平均単価を示して
おり、平成24年10月~12月の時点で全体平均は45.5万円/kW。
しかし平成25年4月~6月には42.8万円/kWまで低下すると
予測しています。

表は平成25年4月~6月までしかありませんが、同じスピード
で単価が下がってゆくとすると、平成25年10月~12月の
システム費用は 「 40.1万円/kW 」 となります。

下の表は出力10kW以上の産業用(非住宅用)システムの
単価を示しており平成24年10月~12月期で全体平均
43.3万円/kW、1,000kW以上のメガソーラーと呼ばれる
システムにいたってはなんと 28.0万円/kWとなっています。
また予測では平成26年1-3月期には 30.1万円/kW まで
全体平均が下がると予測しています。


これらのことから考えられるのは、私たちが検討している
10kW前後まで(おそらく50kW未満くらいまで)は、現在の
(平成25年12月の)システム費用で 「 40万円/kW 」 くらいが
相場なのではないかということです。
(新築住宅への設置はもう少し安いと思われます。)

それと 「 メーカー希望価格はまったくあてにならない 」
ということでしょうか(笑)。

《公式/全国対応》100万人の利用実績!無料で太陽光発電一括見積り!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑太陽光発電関連ブログがいっぱいです。
このブログは「にほんブログ村」に登録しています。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:雑感
なかなか修正見積が出てきません。

前回同様、待っているときの時間というのは長~く
感じるものですね。まだそんなにたっていないの
ですが(笑)。

修正見積の内容ですが(以前に書いたかな?)、

① 切妻屋根の西面のみにフルに載せたバージョン
(パワーコンディショナーが5.5kW×2台なのでパネル
を全体で12kW程度載せたバージョン) と、

② ①プラス東面にもう6kW程度を載せたバージョン

の2種類をお願いしました。

どうせやるなら大きくやろう、と下心を出して②の
屋根全面載せ版も作ってもらうことにしました。

①を単純に1.5倍してもそんなに大きな誤差はなく
計算できるとのことでしたが、銀行さんとの相談時に
資料としてあったほうがいいとの考えから、ちょっと
わがままを言ってしましました。

こんな無理を言えるのも地元の業者、担当さんの
人柄あってのことだと思います。

あ~、「一日千秋」とはこのことですね。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 太陽光発電に関するブログが集まっています

↓ 昨日も拍手をいただきました。ありがとうございます。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:本格見積
本日は、昨日お約束したとおり三菱太陽光発電システム
の見積書についてお伝えいたします。

まずは金額ですが、発電量を12.32kWととしパワー
コンディショナーの能力をフルに活かすことのできる
容量としていることに注意してご覧ください。

●三菱 12.32kW 単結晶220Wパネル
・太陽電池モジュール(パネル) 56枚 2,676,800
・パワーコンディショナ(屋内用) 2台 426,000
・モニター表示機 1台 55,000
・接続箱・ケーブル類 1式 46,000
・架台(瓦用アンカー) 1式 709,152
・設置工事費 1式 288,000
・システム電気工事費 1式 180,000
・売電用メーター等(中部電力) 1式 別途精算
小計 4,380,952
・消費税 1式 219,048
計 1式 4,600,000

結果はまさかの最高値となりました。

パネル・架台を積雪地対応型としたことが高くなって
しまった原因のようです。

確かに我が家は長野県内の積雪地にありますが、実際には
それほど積もることはないので 「標準型」 でよかったの
ではないかと思います。
営業さんも地元の方ですからそのへんは実情にそった形
での見積としてもらえるとありがたかったです。

せっかくですので添付されていた資料も公開です。

ソーラー提案_三菱_1 三菱-1

ソーラー提案_三菱_2 三菱-2

ソーラー提案_三菱_3 三菱-3

ソーラー提案_三菱_4 三菱-4

ソーラー提案_三菱_5 三菱-5

資料について何点か補足をしますと、まず2枚目では
他の2社よりも予想発電量が多く出ていますが、出力を
合わせるように計算するとほぼ同じような発電量となり
三菱さんが特別多いとか、計算式が異なっているとか
ではないようでした。

次に3枚目のパネル配置についてですが、我が家の
瓦屋根には 「雪止め」 という突起のある瓦がのっていて、
実際には各列の一番下のパネルは設置できません。
したがって11枚分のパネルがのりませんから出力は
( 56枚 - 11枚 ) × 0.22kW = 9.9kW < 10kW
となり、希望している産業用の枠から外れてしまうこと
になります。

この時点で西面だけにパネルを載せる場合は、三菱さん
という選択肢はなくなってしまします。

4枚目・5枚目はまさに参考資料としてご覧ください。

【タイナビ】太陽光発電の全国優良業者、見積比較


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 太陽光発電に関するブログが集まっています

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:デメリット
昨日三菱電機さんの見積をいただきました。

コンディショナーの変換効率が良いのと、先日紹介した
知人宅のパネルが三菱製だったこともあり、打合せ
の中で 「三菱さんも面白いかもしれませんね」 と
つぶやいてしまったのを業者さんが聞き逃さず、気を
回して見積を取ってくれていました。

こちらについては次回にでも紹介できればと思います。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

さて、手元に届いた3メーカーさんの見積を見比べ
ながら 「どうしてこんなに太陽光発電について熱心に
なったんだろう」 とふと思い、本日のタイトルとなりました。

正直なところ私は 「どちらかといえば」 ではなく、「かなり」
保守的、慎重 な部類の人間です。職業も「会社員」で
決して余裕ある暮らしとは言えません。

そんな私がこれだけ太陽光発電導入に積極的になれた
のは、補助金、買取価格、知人の導入例等があったのは
確かなのですが、最も大きな理由が
「 大きなデメリットがないから 」
だったと思います。

唯一のデメリットとも言える 「大きな初期費用」 の問題も
銀行からの借り入れでクリアしてしまうと、残るのは
デメリットというよりも 「リスク(危険性)」 と呼んだほうが
よいものばかりではないでしょうか。

何らかの原因により発電できなくなるリスク、
過度の物価上昇により売電メリットがなくなるリスク
手抜き作業により住居を損傷するかもしれないリスク
悪徳業者にあたってしまうかもしれないリスク
設備を(家ごと)手放すかもしれないというリスク

など考えられるリスクはありますが、いずれも現時点に
おいては可能性でしかなく、これらを補って余りある
メリットを重視したほうがよいのだと思います。

来年度に入ると買取価格の引き下げと消費税の増税
により導入のメリットはガクンと落ちるとは思いますが、
約10年で設備投資の元をとる、と考えればまだまだ導入
検討の余地はあると思います。

私はパネル製造業者でも設置業者でもありませんから
むやみに太陽光発電を勧めるわけでもあおるわけでも
ありませんが、客観的にみて今がチャンスなのは
間違いないと考えています。

また、太陽光発電を導入した方々をよくよく見てみると、
皆さん 「儲け話」 に敏感なそれなりの資産を持った
人達ばかりであることもそう考える一因です。

メリットばかりが大きく取り上げられる太陽光発電です
が、上記のとおりいささかの「デメリット」や「リスク」が
あることもお忘れになりませぬように。

太陽光発電の全国優良業者、見積比較


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ にほんブログ村の「太陽光発電」のランキングページに
リンクしています。みなさん有用な情報を発信していますので
参考にさせてもらっています。

↓ 知らないうちに過去記事において2拍手をいただいており
ました。 投票いただいた方、ありがとうございます。 なんと
しても導入までこぎつけて 「一連の流れ」 を報告できるよう
がんばりたいと思います。

これからも応援よろしくお願いいたします。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:パネル選択
今のところ見積は東芝さんとパナソニックさんの2社
(メーカー)分をいただいています。

詳しくは先日の記事を確認していただきたいのですが、
やはりメーカーさんによってパネルの単価はかなり
違うものですね。

「 発電効率の差 」 というのもありますので 「 kWあたり 」
の単価が重要になってくるのだと思います。

さて、効率の話は後日にするとして、今回はパネル選択
にあたっての動機といいますか決め手になるものに
ついてです。

見積をお願いした業者さんから提示された内容は
「 自然災害においては東芝は保証なし、パナはあり 」
というものでした。

自然災害とは主に 「 雹(ひょう) 」 を想定しているようです。

また、保証は設置業者さんが独自につけている(もちろん
メーカーさんとの交渉等もあると思いますが)ような口調でした。
「東芝さんは単価が高すぎて当店では保証はつけられない」
といった感じです。

火災保険に加入している住宅であればその保険で保証が
きくとのことでしたが、中古住宅で購入した我が家では
「火災保険どうだったかな?」 というレベルですので、
パナさんの保証はかなり魅力的です。

知り合いの保険関係の方に 「火災保険てザックリいくら?」
ときいてみたところ 「 ザックリ年3万円 」 と即答されました(笑)。

パネルと25年のおつきあいになると考えると、
年30,000円 × 25年 = ¥750,000- となります。
そこで、初期費用と25年間の売電額の合計の差がこの金額に
なるかというと、きっとそうはならないと思いますので、総合的に
考えると我が家の場合はパナソニックさんのほうがあっている
のかなぁと思います。

火災保険に加入すると太陽光発電設備だけでなく、家全体を
守ることができる安心感はありますけれど・・・・。

やっぱり火災保険も見積りをとってみようかな。

また出費がかさむけれど・・・・。

【タイナビ】太陽光発電一括見積りナビゲーション


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ


copyright © 2017 太陽光発電を我家の屋根に!? all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。