プロフィール

空~どうかな

Author:空~どうかな
閲覧ありがとうございます。
2013年11月から2014年4月まで、太陽光発電パネル設置の成り行きを進行形で書き綴ってきましたが、おかげさまで東芝製パネル250W×72枚(18.0kW)を載せることができました(導入検討中の方は参考にしてください)。
今後は発電量の報告と太陽光関連の記事を書く予定です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


筆者へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:施工方法
先日施工業者さんが屋根裏に入った際に、
「 しっかりした造りの屋根だから、瓦用アンカー方式
じゃなくて 支持金具方式 でいけるね 」
と言っていました。

私はよくわからずにきいていたのですが、太陽光発電
のパネルの固定方式を、瓦に穴を開けてアンカー金具
を取り付ける方式から、瓦の隙間に金具を這わせて
固定する方式に変更できる、とのこと。

私は瓦に穴を開けることにあまり抵抗がなかった
(不具合が生じたら当然直してもらうつもりでいるので)
こと、設備金額が約10万円ほど上がってしまうこと
などからあまり乗り気ではなかったのですが、営業
さんが熱心に勧めてくれるので、瓦に穴を開けない
固定方式とすることにしました。

調べてみると各メーカーさんとも様々な屋根材料に
合わせて、様々な固定方法を提唱していますね。

私は自分がよくわかっていないことについては、その
道のプロの意見を尊重することにしています。

「 ぼったくり 」と感じた場合は別として、一応プロ
としてアドバイスをしてくれている方はウソは言わない
だろう、という超性善説に基づいた考え方からですね。

固定方法の変更なんてその損得がハッキリとはどこ
にも現れてこないでしょう。プロの意見を信用した、
ということですね。

東芝さん固定方式のページ
瓦屋根固定方式

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。
スポンサーサイト

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:税金の話
ちょっと、と言いますか、私の場合はまだ1年以上も
気が早いのですが、 「 確定申告 」 について調べて
みました。

私のようなサラリーマンの場合は、給与意外に
「 20万円以上の収入 」 がある場合は確定申告が
必要になります。

まだまだ 「 取らぬタヌキのナントカ・・・ 」 では
ありますが、システムが大きくなれれば発電量も比例
して大きくなりますので、どのあたりが 20万円 の
分岐点なのか、これまでの資料から計算してみました。

資料はいずれも東芝製とし、10・12・18kW の3種類で
試算(概算)してみることにします。
10kW以上ですから全量売電と考えます。計算式は
雑所得 = 売電収入 - 必要経費 となります。
( 必要経費=システム費用×減価償却率×売電割合 )

まず 10kW の場合ですが
●年間発電量 10379.8kWh これに 買取価格 38.8円
(消費税8%) をかけると 売電収入 ¥402,736-
●システム費用は17年の償却で年間収入から引き算
できますから ¥3,948,000 / 17 = ¥232,235-
●売電収入-経費= 402,736-232,235 = ¥170,501-
となって課税対象収入が 約17万円 < 20万円 となり
確定申告不要! ということになります。

ちなみに年間売電量 10,000kWh で全量売電、
システム費用 ¥3,200,000 程度の比率ですと、
ちょうど 20万円 くらいになります。

費用と売電比率によりますが、発電量が10kW以下の
「 住宅用 」 の場合、確定申告はほとんどのケースで
「 不要 」 となるのではないでしょうか。

発電量が小さいうえに自家消費分もあるので全売電
金額が20万円を大きく超えないのでは? と思います。

ちなみに我が家の見積のケースで考えると
【12kW】約21.5万円 → 確定申告 必要
【18kW】約34.2万円 → 確定申告 必要 となり、
ほぼ間違いなく確定申告が必要となりそうです。

大雑把に言って 10kW以上の 「 産業用 」 を目指して
いる方は確定申告が必要となる可能性が濃厚といえる
のではないでしょうか。

いずれにしても 10kW前後の方はどちらに転んでも
おかしくありませんので注意が必要です。

私のような平凡なサラリーマンには確定申告など関係
ないものと思っていましたが、きっと来年には書類を
提出しなければいけないのですね。
( 初体験、今からなんかちょっとワクワク、です )

詳しい計算は業者さんのページなどに載っています
のでググってみてください。当ブログではあくまで
申告が必要な目安を見つけるということで。

今回の参考(根拠)とした記事です。
→ 国税庁 所得税(売電関連)記事より

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:導入のハードル
インフルエンザ(B型)というのはしつこいですね。
高熱が出てから5日以上が経ったというのに、相変わ
らずひどい頭痛です。

熱が下がったのはありがたいのですが、この頭痛は
結構むごくて、まともに思考回路を働かせるのが
厳しいですね。

ここまでひどく体調を悪くしたのは十数年記憶に
ありません。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

さて、先日業者さんが事前確認ということで、
「 パワーコンディショナー 」 等を設置する位置の
確認にみえました。

我が家の場合は台所裏に納戸がありますので、その
壁に設置しようと決めていましたので特に問題は
ありませんでしたが、パワコンが意外に大きく
びっくりしてしまいました。

5.5kW用のパワコンで 縦28㎝×横55㎝×厚16㎝
となります。窓に直接取り付けるクーラーをちょっと
小さくしたくらいの大きさを想像してもらえば
よいかと思います。

これの上下左右に規定寸法以上の隙間をとらなくては
いけません。この隙間寸法はメーカーから厳しく
指導されるそうで、足りない場合は保証がつかなく
なるとのこと。

↓ イメージ的にはこんな感じです ↓
パワコン隙間

我が家はこのパワコンを3台取り付けなければいけま
せん。また、このほかにも接続箱やコミュニケーションユニットを
取り付けますので結構 壁面のスペースを必要とします。

導入検討中の方は一度パワコン取り付け位置について
も考えておいたほうが良さそうです。

どうしても家の中はちょっと・・・という方向けに、屋外用
もあります。業者さんいわく、値段も高いし、どうしても
故障しやすくなるし、できれば屋内用をおすすめします
とのことでした。

う~ん、パワコン3台を屋内にはやっぱり大きいです。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。
DATE: CATEGORY:パネル選択
前回の記事アップの後、突然熱が上がりはじめ40°
近くまでになりました。さすがに昨日は会社を
休んで医者に行ったところ、「 インフルエンザB型 」
ということが判明、はれてしばらく会社もお休み
ということになりました。

子供のインフルをもらった格好ですが、なかなか
熱が下がらず丸二日間も38°以上の高熱が続くと、
体力自慢の私もちょっとしんどいものがあります。

今は薬が効いているのか頭痛も熱も今までほど
ではないので、何とか正常に(?)正気を保っています。


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


太陽光発電の検討を始めたとき、真っ先に悩むのが

「 どのメーカーのパネルを載せるか 」

ということではないでしょうか。

その基準も、 生産地(国内か海外か)、出力、ロス率
価格 など様々な要素があり悩むのも楽しみの一つ
だと思います。

今回の私の場合は 「 東芝製 」 ということになり
ましたが、最初から東芝と決めていたわけでは
ありませんでした。

私が決めていたことは、
・ 国内産製品 で
・ 出力10kW以上(産業用の権利取得)を確保できる
の2点だけでした。

当初は、知人の薦めもあり 「 三菱製 」 を検討して
いました。積雪に強いという評判からです。

その後施工業者さんから 「パナソニック」 と「東芝」
の推薦を受け、パネルの補償を受けられるパナさん
になかば決めていましたが、パネル配置や架台の
費用からまた「パナ・東芝」間で揺れ動き、スッキリ
した配置とパネルの10年補償をつけてもらうことで
晴れて 「 東芝製パネル 」 の採用となりました。

担当の方にはいろいろとがんばっていただきました。

ありがとうございます。

↓ 補償の内容になります
03_東芝_補償対象事象
一番下の行にありますように、 「地震・噴火・津波」
による損害は対象外というのがミソでしょうか。

個人的には 「 雹(ひょう) 」 への対策を念頭において
いましたので、その他のものについては 「ありがたく
お受けいたします」 といったところです。

これらを火災保険でまかなおうとすると、年間3~4万円
かかるそうです。10年の補償期間を考えるとバカに
ならない金額ですので注意が必要かと思います。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:契約
昨日、一昨日と熱・頭痛がひどく家ではただ食べて寝る
だけの生活をしていました(仕事はどうにも休むわけに
いかず二日間ともフラフラしながら出勤しました)。

というわけで中二日あけてのブログ更新となります。
みなさんお体には十分お気をつけください。
(実はまだクラクラしていますが寝ているほどでも
なく、書いて気をまぎらせています。)

さて、ついにタイトルどおり施工業者さんと契約を
しました。

これで私も太陽光発電及びローンのオーナーへの
仲間入り(の第一歩)です。

内容は、東芝製250Wパネル72枚の 18.00kW で
施工費・消費税込みで 680万円弱 となりました。

このほかにも中部電力さん、銀行ローン手続き等へ
の支払いが生じますので実際の金額としては
700万円を超えると思います。

単純に 700万円 / 18kW = 1キロワットあたり 約39万円

となります。
結局、結構いい単価となってしまいました。

東芝は性能が良いといわれる分パネルの単価も高い
ので、単価を落とそうと思ったら安いパネルを導入
すると良いと思います。初期費用を抑えることが
できるのでその手もありだと思います。

↓ 工事請負契約書になります。
01_工事請負契約書

同時に中部電力さんへの系統連係の書類も書いて
きました。参考までにサンプルをアップします。

↓ 中部電力系統連係申込書
02_系統連係申込書

気になる工事は早くても2月末、おそらく3月中頃
とのこと。また宅内の電気工事の予定がつかず、
(とてつもなく忙しいらしい)年度内の工事が
できるかどうか、とのことでした。

打合せ当初から 「 年度内完工でお願いします 」
と言ってきたのでここは譲れないところです。
(もちろん消費税増税のためです)

次回は、私が東芝製パネルに決めた理由をお伝え
いたします。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:導入のハードル
家庭内でのソーラー設置の同意をとることができ、
さぁ次はいよいよ施工業者さんとの契約だ! と思い
今後の手続き等の流れを調べていて興味深いものを
見つけました。

それは、楽天ソーラーさんの 「導入までの流れ」ですが、

→ 詳しくはこちら

工事費の支払いが 「契約後、設置工事前」 となって
いるのです。

今回私が契約を考えている施工会社さんは、 「関連
工事がすべて終了してから請求書を出します」 と
言ってくれています。

パネル設置工事等は 「請負工事」 になるでしょうから
支払いは完成後、というのが私の感覚なのですが、
どうなのでしょうか?

注文住宅などでは、着手金1/3、中間金1/3、完成時に
1/3の支払いをすることがあるので、工事費内に占める
材料費の割合の高いソーラーの工事では、 「先払い」
ということがあるのかもしれません。

企業も 「楽天」 さんですからネームバリューもあって
会社の信用が大きいので問題ないのですね。

ローンを組む場合は融資実行までの間、金利の高い
「つなぎローン」 が必要になってくると思います。
「住宅用」太陽光発電の補助金を申請している場合
などは「つなぎ期間」も結構長くなってきてしまうのでは
ないでしょうか。

私のように、太陽光発電をローンを利用して導入しよう
と考えている人にとって、この支払いのタイミングは
支出を増やしてしまう盲点となりえます。
慎重にご検討ください。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:導入のハードル
昨日ようやく、太陽光発電導入を検討し始めたとき
からずっと懸案だった(「最大の」と言っても過言で
はない)難関をクリアしました。

これでグッと導入実現が近くなってきました。

というのは他でもない、 「妻の同意」 を得た、という
ことです。

検討開始以来、周囲には少しずつ話をもらして
いましたが、恥ずかしながら妻にきちんと説明した
ことはなく、ほぼ私が一人で突っ走っている状態
だったのです。

それがようやく昨晩に説明をすることができました。

反応は 「ん、ふ~ん。で、いくらかかるの?」
という素っ気ないものでしたが、いきなり 「パネルを
のせるよ」 と言われたわりには意外にあっさり
次のステップの話に入ることができました。

珍しくイケイケな私を見ていて 「もう止めるのは無理 」
とでも思っていたのでしょう。

その後、子供の成長の話、今後の家計の話、(私達
はまだ二人とも40代前半ですが)老後の話、など
珍しくお金について真剣に話をしてしまいました。

私がかなり長いスパンでお金の心配をしていること
にちょっとびっくりしている様子でした。

ともあれ、また一つハードルを越え気持ちもスッキリ
です。

これを読んでくださっている方の中にも、同じような
境遇の方がいらっしゃると思います。

太陽光発電の導入は700万ほどはかからないにしても、
乗用車1台分くらいはかかる高価な買い物です。
自分以外の人に説明をするときには、メリットを挙げる
ばかりでなく、 「なぜ導入したいのか」 を相手に伝える
ことが大切なのではないでしょうか。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:融資
ここのところ融資ネタが続きます。全額キャッシュで、
という方にはあまり興味が沸かないかもしれませんが

「 全額融資で導入 」

をもくろんでいる私にとってはかなりの重要事項です
のでしばしおつきあいを。

さて、先日通過した700万円のローンの仮審査には
東芝製・18.00kWの資料を提出してOKをいただき
ました。これが私の第一希望ですから望みどおりに
なった、ということです。

今日は、このシステムではなく、メーカーは異なる
けれど出力がほぼ同じで、値段も安い(融資額を減額
できる)システムに変更することは可能か?
を銀行さんに問い合わせてみました。
(実際のところ第2候補のパナさんのシステムの可能
性もまだ残っていますので。)

答えは 「 NO 」

太陽光発電への融資では 「年間予想発電量」 も重要
な勘案ポイントとなっているため、再度資料の提出
(再申請)が必要になる、とのことでした。

当然といえば当然ですよね。
私が銀行さんの立場だったらそうすると思います。

次に確認したのは 「 金利 」 についてです。

これについてはすでに計算されていて、「固定10年」で

「 1.5% 」

になるとのことでした。
最近都心部で住宅ローンの借り換えをした友人は
1%を下回った、と言っていたのでそれと比べると
微妙な数字ですが、企業間競争の少ない、地方に住ん
でいる私にとっては 「御(おん)の字」 かなと思います。

返済を次の条件でシミュレートすると

借入金額 : 700万円
返済期間 : 10年
返済方法 : 元利均等
返済タイプ : 固定
金利 : 1.5%
ボーナス払 : 加算なし

→ 毎月返済分 ¥62,854- / 総支払額 : ¥7,542,412-

となります。
売電額1年分を丸々利子として支払う感じですね。

毎月の支払額もちょうど年間売電予想額の1/12程度
ですし、期間も11年ではなく10年で完済できそうです。

金利が想像していた率よりも低いということが、諸々を
良い方向に向かわせてくれていると思います。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:雑感
私が太陽光発電に興味を持ったのは昨年末頃から
なのですが、「ソフトバンクのメガソーラー」などと
いううたい文句はその前から聞いたことがあった
ような気がします。

「 屋根貸し 」 という言葉もその頃聞いたような・・・。

既存建物の屋根を借り、タダまたはタダ同然の価格
でパネルを設置、売電分の多くを収入にすることで
利益を出そうという商法でしたが、最近はあまり
見ないですね。

電気の買取価格が下がってきたためにビジネス
モデルとして成り立たなくなってきたのでしょうか?

そのほかにも、売電単価42円の権利を持ったまま、
いまだにパネルを設置せずさらに設備単価が下がる
のを待っている人が結構いるらしいです。

世の中には 「 頭が良い 」 というか 「 目の付け所
が良い 」 というか、とにかく儲け話にうまく乗っかる
ことのできる人がいるものです。

人(他人)に迷惑をかけるものでなければ、是非まね
をしなければ、と思います。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:雑感
当ブログに足を運んでいただきありがとうございます。

このブログは私、筆者が自宅の屋根に太陽光発電を
設置するまでの課程をつづり、同じく太陽光発電の
導入を検討されている方に参考にしてもらいたいとの
思いから書き始めました。

昨年11/23の第1回から1/12本日の投稿で第39回
となります。

自分の身に起こったこと、思いついたことをそのままに
書き続けてきましたが、最近になって 「拍手」 や
「いいね」 をいただけるようになってきました。
クリックしていただいている方、ありがとうございます。

また、前回の 「ローン仮審査通過」 ではお祝いの
コメントを複数いただくという思ってもいなかった非常に
ありがたい反応にびっくりしております。
おばちゃ様、たけちゃんさん、ありがとうございます。

当ブログを読んでくださっている方がいる、ということを
何よりも嬉しく思います。

書いてきてよかった。

これから、施工業者さんとの契約・施工・ローン実施・
開所等々お伝えしたい出来事がたくさん起こる予定
です(ないと困ります)。
つたない文章ではありますが、できる限りわかりやすく
タイムリーにお伝えしてゆきたいと思います。

これからも応援よろしくお願いいたします。
m(_ _)m

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

追)コンテンツがたまってわかりづらくなってきているので
いずれホームページのような形でまとめたいと思って
います(今は立ち上げ方法がわからず思案中です)。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ


copyright © 2017 太陽光発電を我家の屋根に!? all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。