プロフィール

空~どうかな

Author:空~どうかな
閲覧ありがとうございます。
2013年11月から2014年4月まで、太陽光発電パネル設置の成り行きを進行形で書き綴ってきましたが、おかげさまで東芝製パネル250W×72枚(18.0kW)を載せることができました(導入検討中の方は参考にしてください)。
今後は発電量の報告と太陽光関連の記事を書く予定です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


筆者へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:雑感
今回も何の根拠もない、感覚的な話になりますので、
「ふ~ん」くらいに読み流していただきたいと思います。

最近は朝明るくなるのがずいぶん早いですよね。
調べてみたら、今年の夏至は 6月21日 で、この前の土曜日
だったようです。ちなみに日の出時刻は長野市で 4:29 なの
だそう。

自分の感覚としては 4時くらいからうっすら明るくなり始めて
5時には何の支障もなく外での活動ができる といったところ
でしょうか。

実は太陽光パネルも結構暗いうちから働いていて、
コンディショナーのパネルに数値としては表れないものの、
「 . 」 というコンマだけの表示ながら、「動いている
(動こうとしている)」というアピールをしています。

実際このところの実績を見ると、調子の良い 6/15 などでは
朝5時代や夕方6時代でもわずかながら売電できている
のがわかります。
いつも、 すごいな~ っと感心させられます。

一方で、雨の日や厚い雲に覆われた日などは一日の発電量
が 20kWh に届かなかった日もあり、一日中快晴の日などが
MAX 105kWh くらいであることを考えるとずいぶん少ない
なぁと感じます。

曇っていても日中であれば生活に困るほど暗くはないと
思うので (確かに読書するにはきついかもしれませんが)
発電量が 1/5 まで落ちてしまうのは 落ちすぎでは?
と感じてしまうのです。

大雑把な話として、 日射量と発電量は比例関係 だったと
思うので、人間の感覚なんていい加減なものだなぁ、と
つくづく思いますね。

暗いのに発電して喜んで、さほど暗いと感じていないのに
発電量が少なくてガッカリする。
人間は (正確には私だけですが) なんてわがままなんで
しょうね。



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。





スポンサーサイト

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:電圧上昇抑制
先日(といってもすでに2週間ほど前なのですが・・・)中電さん
から電話があり、 「 売電の調子はどうですか・・・・ 」 とのこと。

なぜに中電さんが???

とは思いましたが、よくよく考えてみると先月の今頃に
コンディショナーの電圧調整をしたのでそのことだな、と。

5月に入り発電量が伸びてくると、それとともに 「 電圧上昇
抑制 」 なるものが自動的に発動し、どうやら売電量を勝手に
押さえ込んでいる様子。

詳しくはわからないので (ちょうど仕事が忙しかったことも
あり) 早速設置してくれた工務店の営業さんに連絡して
対応してもらうことになりました。

やったことは中電さんが電柱に何やら白いボックスを取付け
電圧のログを取り、その後書面で連絡があって、
コンディショナーの電圧をわずかに上げる、ということでした。

宅外 (我が家のメーターの外側・公共側とでも言いましょうか)
では特に問題がないので、宅内 (メーターより中) で処理、と
いうことのようです (内容的にかなりあいまいです)。

で、問題の電圧ですが、 108 V → 108.5 V へと変更しました。

データ量が少なくて申し訳ないのですが、一応簡単な分析
をしてみましたので次の表をどうぞ。
電圧調整結果
(グラフは縦軸が電圧上昇抑制機能発動時間(分)、横軸が
一日の発電電力量(kWh)です)

クリックして拡大しないと数字は見えないと思いますが、
右の2つのグラフでは、下のグラフ、電圧調整後のほうが
点が下に多くある すなわち 「 電圧抑制機能が発動して
いる時間が短い 」 というのがわかると思います。

一応の効果はあったということですね。

東芝さんのコミュニケーションユニットでは、どの時間に
抑制がかかったのかわからないのが残念ですが、今後も
注意して見てゆきたいと思います。

ちなみに一日の総発電量と電圧上昇抑制時間との関連は
ありませんでした。データを見ても発電量がさほど多くない
日でも抑制時間が長かったり。

これについてはもう少し勉強する必要がありそうです。
よくわかりません。 orz...



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:発電量
今回はここ1週間ほどの発電量(売電量)グラフと、5・6月の
売電量グラフをアップします。

まずは日ごとのグラフ 6/12 ~ 6/19 です。
グラフの理想型は 6/15 のような釣り鐘型、15日以前は
午前中は悪く午後踏ん張る型、15日以降は午前に稼いで
午後は残念賞、という型になっています。

↓ 6/12・13・14 のグラフ
0612.png
0613.png
0614.png
↓ 6/15 最も良く発電するパターンのグラフ
0615.png
1日で100kWhを越えています。
この形が出ると、だいたい税込み\4,000-/日くらいですね。

↓ 6/16~19 午後に天候が崩れるパターンです。
0616.png
0617.png
0618.png
0619.png

次に 5月の実績と 6月のこれまでの実績のグラフです。
↓ 5月分 100の大台にのっている日が結構あります。
2014-5May.png
↓ 6月分これまでの実績
2014-6Jun.png
明らかに5月よりも少ないのがわかります。
この調子だとシミュ値の1,957kWhも怪しいかも・・・です。



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

DATE: CATEGORY:雑感
あまりに久しぶりなので最近感じたことを。

まず、今まで疑問に思っていたことが解決した点について。

設置前の見積段階で発電量のシミュレーションというのが
提示されているのですが、最も発電量の多いのが5月、
続いて4月、次が7月で、「夏至」を含む最も昼間の長いと
思われる6月はその次で僅差の4位。

日照時間が長いのだから発電量も多いのでは?

と疑問に思っていたのですが、最近その答えがわかりました。

「 梅雨(つゆ) 」 なんですね。 単純に。

雨降りとまではいかないものの、グズグズとした天気で
パネルに太陽光のあたる時間が短いです。しばらく
コンディショナーの数値を眺めてみましたが、もちろん
曇りでも発電はするのですが、直射日光が当たると
当たらないとでは発電量に大きな差が出ていました。

なんて不安定な電力供給機なんでしょうね。
世間に出回る電力量を調整している電力会社さんの
ご苦労がわかります。

さて、次にパネルの取付方向についてですが、当然
最適なのは南面です。日照も最も効率よく受けることが
できますから。

では東面と西面で悩んでいる場合はどちらが良いので
しょう。もちろん障害物等の条件は同じであるとして。

我が家は切妻屋根の東・西の両面にパネルをあげて
いるのですが、東側には低い山があって早朝の直射
日光がありません。したがって総発電量を比べると西面
のものの方が成績が良いのですが、個人的には 「 東面 」
にのせるのが正解なのではないかと感じています。

パネルをあげるとその時の 「 天気 」 が非常に気になり
出します(笑)。そんな中で感じたのが、
「 午前中の方が天気がよい 」
ということなんです。

考えてみると山に登るときは、日の出とともに活動を始め
午後3時には目的地に着いているように計画を立てます。
これは昔からの知恵で、やはり午後よりも午前中の方が
天候が安定していると言うことなのではないでしょうか。

まぁこれについては住んでいる地方によるかもしれません
ので正確なことはわかりませんが。
信州にお住まいの方なら参考になるかもしれません。



・・・ とりとめのない雑感でした。



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。


copyright © 2017 太陽光発電を我家の屋根に!? all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。