プロフィール

空~どうかな

Author:空~どうかな
閲覧ありがとうございます。
2013年11月から2014年4月まで、太陽光発電パネル設置の成り行きを進行形で書き綴ってきましたが、おかげさまで東芝製パネル250W×72枚(18.0kW)を載せることができました(導入検討中の方は参考にしてください)。
今後は発電量の報告と太陽光関連の記事を書く予定です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


筆者へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:電力会社関連
いやぁ、久しぶりに書きます。

一月くらいぶりかな?
などと思いながら確認してみると,なんとまぁ前回の記事から

「 二月半!! 」 も経っているではありませんか。 反省。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

いろいろあってちょっと離れていたのですが、今日ラジオで

「 北海道・東北・四国の各電力会社が太陽光発電
(正確には「再生エネルギー」)の新規申込を一時中断する 」

との放送が耳に入りまして、 「 ついに来たか 」 と思い
戻ってきたわけです。

各社さんとも急激な再生エネルギーの買取量の増加に、
既存施設が間に合わない 「電気の安定供給ができない」
ことを理由として、主に商業目的の比較的大きな発電所を
対象に申込に対する回答を一時中断 (系統連係をしない)
する・・・ ということらしいです。

九州電力さんは一足先に中断していたようですね。

制限をかけないのは中部・北陸・中国電力の3社で、大手
10電力会社の中ではすでに 「少数派 」 となっているようです。

↓ ↓ 詳しくは 東京新聞のこちらの記事をどうぞ
東京新聞~再生エネルギー買取中断

10kWh以下の余剰売電については今のところ制限を
かけない様子ですね。
微々たるものだ、ということでしょうか。

もともと太陽光発電は、昼間のみ、しかも 「晴れ」 の日のみ
発電されるという、電力供給装置としてはきわめて不安定な
シロモノですから、山の姿が変わってしまうほど大がかりな
設備を作ってしまえば既存施設にも影響が出るってもの
ですよね。

今後は電力各社間での電力の融通方法や、蓄電池の性能
の進歩など、一時期に多量に作った電気をどう使い回す
のか、といったところに注目が集まってゆくのではないで
しょうか。

太陽光発電 最安値は価格.com


節税、税金対策に最適な産業用太陽光発電システム
利回り10%程度
投資型産業用太陽光発電 ソーラーパーク


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。
スポンサーサイト

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ


copyright © 2017 太陽光発電を我家の屋根に!? all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。