プロフィール

空~どうかな

Author:空~どうかな
閲覧ありがとうございます。
2013年11月から2014年4月まで、太陽光発電パネル設置の成り行きを進行形で書き綴ってきましたが、おかげさまで東芝製パネル250W×72枚(18.0kW)を載せることができました(導入検討中の方は参考にしてください)。
今後は発電量の報告と太陽光関連の記事を書く予定です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


筆者へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:買い取り価格
今回は「買取価格_第3弾」みたいな内容になると思います。

来年度(H26年度)の太陽光発電買取価格が30円を前提に
諸々の話が進んでいる,ということを昨日追記にて書かせて
いただきました。

ではこの価格が現実のものとなるとどうなるか。

・・・太陽光発電を導入する方が減るでしょうね。

   メリットが減りますから。

住宅用は元々発電した電力を現在の利用分に優先的に
割りあてその余剰分を売電する仕組みで、「自分で使う
分は自分で作る」的な意味合いが大きいと思うのですが、
産業用については発電した全量を売電に回しているので
38円→30円の2割安の単価はもろに収入に響いてきます。
(産業用の買取価格が30円なのかは確認をとっていませんが・・・)

いずれにしてもパネル等の設備価格が現在よりも2割安に
ならなければ初期投資の回収期間が長くなり、回収後の
利益となる部分もその増加率は現在の設定よりも2割低く
なるわけです。

資材の寿命が20年くらいと考えると、利益を生み出す期間
というのは短くなるなぁ、というのが素直な感想です。

とはいえ設備費さえ抑えることができるなら、パネルが
自動的に発電しお金を生んで、ゆくゆくは利益を生むわけ
ですから、導入して損をするような事業ではなさそうです。

「俺はエコな電気を作っているぜ」 とか、 「環境に優しい
活動をしているわ」 といって悦に入るのも悪くないのでは
ないでしょうか。


ちなみに私は電気利用単価と買取価格を比較し、やるなら
全量買い取りの産業用で!!と決めたクチです。
ですから何としても今年度中に申請までもっていきたいと
考えています。
スポンサーサイト

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

tag : 太陽光発電 買取価格

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 太陽光発電を我家の屋根に!? all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。