プロフィール

空~どうかな

Author:空~どうかな
閲覧ありがとうございます。
2013年11月から2014年4月まで、太陽光発電パネル設置の成り行きを進行形で書き綴ってきましたが、おかげさまで東芝製パネル250W×72枚(18.0kW)を載せることができました(導入検討中の方は参考にしてください)。
今後は発電量の報告と太陽光関連の記事を書く予定です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


筆者へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:本格見積
太陽光発電システムの 「適正な」 価格っていくら
なんでしょう?

太陽光発電システムはその性格上一件一件すべて
完全個別のオーダー制なので、一律に 「 kW単価いくら
が適正価格です 」 と言えないのは承知の上で
「 標準的な(?)相場 」 価格を考えてみたいと思います。

まずは今回の私の東芝の例を見ますと(ぴったり10kW
なので計算が簡単)、

「メーカー希望価格」 は設備のみ、税抜き ¥8,720,000
「施工業者見積価格」 は材工共、税抜き ¥3,760,000

です。仮に、上記に加え中部電力さんの工事費用が
20万かかったとすると実費で ¥3,960,000 / 10kW であり
kW当たり単価は 「 39.6万円 」 ということになります。

一般住宅の屋根に10kWというのは大きな方に分類される
と思いますので、いくらかのスケールメリットはあるかも
しれませんが(価格.comさんの事例などを参考にすると)
平均的な単価と言えるのではないでしょうか。

一方で太陽光発電システムへの平成25年度の国の
補助金は1kWあたり単価 51万円以下の場合1.5万円/kW
41万円以下の場合 2.0万円/kW となっており、政策的に
1kWあたり 41万円以下 になるよう誘導しています。

少し古い資料になりますが、今年の3月に今年度(平成
25年度)の買取価格を審議したときの表を2つ。

住宅用費用推移

非住宅用費用推移
(出典 : 資源エネルギー庁-調達価格算定委員会H25.3.11)

上の表は平成24年の住宅用システムの平均単価を示して
おり、平成24年10月~12月の時点で全体平均は45.5万円/kW。
しかし平成25年4月~6月には42.8万円/kWまで低下すると
予測しています。

表は平成25年4月~6月までしかありませんが、同じスピード
で単価が下がってゆくとすると、平成25年10月~12月の
システム費用は 「 40.1万円/kW 」 となります。

下の表は出力10kW以上の産業用(非住宅用)システムの
単価を示しており平成24年10月~12月期で全体平均
43.3万円/kW、1,000kW以上のメガソーラーと呼ばれる
システムにいたってはなんと 28.0万円/kWとなっています。
また予測では平成26年1-3月期には 30.1万円/kW まで
全体平均が下がると予測しています。


これらのことから考えられるのは、私たちが検討している
10kW前後まで(おそらく50kW未満くらいまで)は、現在の
(平成25年12月の)システム費用で 「 40万円/kW 」 くらいが
相場なのではないかということです。
(新築住宅への設置はもう少し安いと思われます。)

それと 「 メーカー希望価格はまったくあてにならない 」
ということでしょうか(笑)。

《公式/全国対応》100万人の利用実績!無料で太陽光発電一括見積り!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑太陽光発電関連ブログがいっぱいです。
このブログは「にほんブログ村」に登録しています。
スポンサーサイト

テーマ : 太陽光発電 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 太陽光発電を我家の屋根に!? all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。