プロフィール

空~どうかな

Author:空~どうかな
閲覧ありがとうございます。
2013年11月から2014年4月まで、太陽光発電パネル設置の成り行きを進行形で書き綴ってきましたが、おかげさまで東芝製パネル250W×72枚(18.0kW)を載せることができました(導入検討中の方は参考にしてください)。
今後は発電量の報告と太陽光関連の記事を書く予定です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


筆者へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:雑感
あまりに久しぶりなので最近感じたことを。

まず、今まで疑問に思っていたことが解決した点について。

設置前の見積段階で発電量のシミュレーションというのが
提示されているのですが、最も発電量の多いのが5月、
続いて4月、次が7月で、「夏至」を含む最も昼間の長いと
思われる6月はその次で僅差の4位。

日照時間が長いのだから発電量も多いのでは?

と疑問に思っていたのですが、最近その答えがわかりました。

「 梅雨(つゆ) 」 なんですね。 単純に。

雨降りとまではいかないものの、グズグズとした天気で
パネルに太陽光のあたる時間が短いです。しばらく
コンディショナーの数値を眺めてみましたが、もちろん
曇りでも発電はするのですが、直射日光が当たると
当たらないとでは発電量に大きな差が出ていました。

なんて不安定な電力供給機なんでしょうね。
世間に出回る電力量を調整している電力会社さんの
ご苦労がわかります。

さて、次にパネルの取付方向についてですが、当然
最適なのは南面です。日照も最も効率よく受けることが
できますから。

では東面と西面で悩んでいる場合はどちらが良いので
しょう。もちろん障害物等の条件は同じであるとして。

我が家は切妻屋根の東・西の両面にパネルをあげて
いるのですが、東側には低い山があって早朝の直射
日光がありません。したがって総発電量を比べると西面
のものの方が成績が良いのですが、個人的には 「 東面 」
にのせるのが正解なのではないかと感じています。

パネルをあげるとその時の 「 天気 」 が非常に気になり
出します(笑)。そんな中で感じたのが、
「 午前中の方が天気がよい 」
ということなんです。

考えてみると山に登るときは、日の出とともに活動を始め
午後3時には目的地に着いているように計画を立てます。
これは昔からの知恵で、やはり午後よりも午前中の方が
天候が安定していると言うことなのではないでしょうか。

まぁこれについては住んでいる地方によるかもしれません
ので正確なことはわかりませんが。
信州にお住まいの方なら参考になるかもしれません。



・・・ とりとめのない雑感でした。



にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
↑ 当ブログは 「にほんブログ村」 の 風力発電・太陽光
発電に参加しています。発電量など有力情報満載です。

スポンサーサイト
コメント

やっぱり両面がいい

いつも楽しく拝見しています。雪や霜が降りる季節は午前中は晴れていても低下します。西面がお得かもです。
通常の天気は季節により変わるような気もするので、どちらが特とかは無いような気がします。

雪あり県は、西面が良いと思う。

西側のメリット:
にゃんたさんと同意見。
夜間の降雪が午前残雪、霜付で、パネルを遮っても、日中気温上昇で、溶けて、午後には、パネル上の雪なしという可能性は、高いので、降雪県にとっては、西は有利なはず。
他、
電力会社の買電の契約でピークシフトプランというものがあります。
夏期の13:00~16:00の電気代が約2倍に代わりに他の時間帯は、少し割安。
つまり、午後の方が電力逼迫するから、その時間帯節電してくれれば、他を安くするということ。
余剰の場合で午後の発電量が十分確保できる方は、このプランで、高い電気を買わずに、安いとこ取りできます。
よって夏の西側の発電の方が価値があります。(全量の人には関係ないですけど)

東側のメリット
午前の方が、外気温が低いので、単結晶のパネルの人は、温度による効率低下が少ないと言われている。

南1面 vs 東西設置
1面対決なら、南面ですが、南面設置の人は北面に設置できません。
南に対して東/西は、発電量は15%の低下で済みますが、南の倍の容量が乗せられます。(建物の耐久性に問題なければ)
東西設置だからこそ、両面乗せて、全量でGO! でしたよね。
にゃんたさんと同意見、東西設置が良いです。

両面がいいですよねぇ

にゃんた さん、コメントありがとうございます。

やっぱり東面・西面のハッキリした差はないですか。
私の思い過ごしでしょうか。
せっかくなので別記事にてここ何日かの実績をアップ
しますね。

私の知り合いは割と雪の多いところで全量売電で
頑張っています。この冬も雪の日は毎回必ず朝方に
雪を落としていたそうです。

その理由は、一度凍ってしまうとそこを起点に氷が
広がってゆくこと。

それと、

雪の次の日は 「 快晴!! 」 のことが多い、

というのが理由だそうです。




そういえば 「 霜 」 は私の中では想定外でしたね。

西面には午後の雪融けメリットがありなんですね

七転び八起発電所 さん、いつもコメントありがとうございます。

確かに西側には、午後に雪融けのメリットがありそうですね。
先のにゃんたさんへの返信に書いたのですが、かくいう私は(今のところ)雪は毎朝落とす予定でおります。
「平屋だからできるかなぁ~」なんてのんきに考えています。

そういえばパネルを載せようと思いついた頃は、南向きの屋根だったら良かったのにな、なんて考えていました。
効率を考えれば確かに最良の方角だと思いますが、たくさんの量をのせられたことを考えると東西面の切妻屋根も悪くなかったですね。

最近はご近所の方に 「儲かってるかい?」 と声をかけられるようになってきました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 太陽光発電を我家の屋根に!? all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。